loading

ほねつぎ伝統の技術から最新の治療理論まで身につく
三重県四日市市の実力派接骨院

採用サイト

SCROOL SCROLL
FLARES

いろは接骨院採用サイト

笑顔で働ける接骨院を一緒に作りませんか

こんにちは、いろは接骨院院長の服部です。
みなさんは、楽しく働けていますか?
当院では、楽しく・安心して・スキルアップしながら働くことができるように色々と配慮をしています。
いろは接骨院のモットーはお互い笑顔に!患者さんを笑顔にする先生は自分も笑顔のハズですよね。
接骨院は機械が相手ではなく、人間が相手の仕事です。先生の満たされた笑顔を患者さんに向けていきましょう!

このサイトでは求職者の方に向けて、いろは接骨院のご紹介や仕事について、簡単にご説明をさせていただきます。

ほねつぎ伝統の外傷治療から最新の筋膜リリースまで

院長の服部は柔道整復師歴15年です。

患者さんの状態を改善するためにさまざまなアプローチを学んできました。
整形外科勤務にて学んだ外傷治療の基本から、ほねつぎ伝統の手技であるテーピングやギブス固定だけでなく、最新のエコーや筋膜リリースまで幅広く取り入れています。
常に新しいものを吸収し取り入れる姿勢を忘れないように心がけています。

一緒にのびのびとスキルアップができる環境を作っています。

安心と信頼のエコー観察

 三重県内およそ8%にしか導入されていないエコーを用いることによって、患部の正確な観察が行えます。
 これによって通常は整形外科にお願いする「ねんざなのか、骨折なのか」という鑑別の補助を当院内で行うことができます。
 これは患者さんだけでなく我々施術者側にとっても安心して施術が行うことができるというメリットがあります。
 また最近では慢性腰痛や坐骨神経痛、肩こりといった外傷以外の患部の把握にも活用をしており患者さんへの説明に役立っています。

保険診療に頼らないクリーンな経営とノウハウ

 2017年より健康保険業務を縮小し、自費診療業務を中心に据えるようになりました。
一時期は売上を下げましたが現在では軌道にのり2年連続で過去最高売上を達成しました。
 2020年においてはコロナ禍という逆境の中、前年比15%アップを達成しました。

 経営の基本である再現性を重視したノウハウを確立しており、2021年度内には法人化を予定しています。