loading

柔道整復師/三重県四日市市

当院では、楽しく・安心して・スキルアップしながら働くことができるように色々と配慮をしています。
人の役に立つ仕事、人から感謝される仕事をして、自分の胸に自信を抱き、誇りをもって楽しく仕事と向き合える毎日が待っています。

仕事紹介

ご覧いただいてありがとうございます
いろは接骨院の院長 服部です
今回募集させていただくのは柔道整復師です。患者さんに施術していただきます。

接骨院ってその院その院でまったくと言っていいほどやり方が違ったりしますよね。グループ院のような体系ができあがっているならまだしも、いろは接骨院のような個人事業主の院は入ってからじゃないとわからないことがほとんどだと思いませんか?

ここでは求職されている先生がいろは接骨院で働いたときにどんなことを学び、経験を積んでいただけるのかということを少しでも理解していただけるようにご紹介します。

なるべく正直に、なるべく細かくをモットーに書かせていただきます。

いろは接骨院が柔道整復師を募集する目的


「新しい先生が入ることで、現在いっぱいになっているいろは接骨院の施術キャパを増やし、いま断ってしまっている急性外傷や飛び込み患者さんの受け入れができるようになること」

当院では開業当初から外傷治療に力をいれてきました。
しかし外傷患者はケガの程度によるので来院の波が激しいので、中学生や高校生の大会前の時期には増えますが、試験前の時期になると来院が激減したりします。
ですから経営を安定させるために予約制の自費治療を中心にすえることにしました。

2020年ごろから、一日の診療予約が満杯になっているため、外傷治療の飛び込みなどを断らなければならない現状です。これを解消することが目的になります。

いろは接骨院で柔道整復師として働くとどんなことをするのか


現時点では自費診療の施術が中心となります。これは決して慰安的なマッサージをすることではなく、痛みが出ていた患者さんが治ったのちに再発の予防にあたったり、スポーツ選手であればパフォーマンスアップをさせることが目的の通院になります。もちろんまだ痛みを取り除くために通う患者さんも多くいます。

新しい先生が働いてくれることで、この自費診療の施術枠を増やすだけでなく、飛び込みの外傷治療の助手としても期待しています。結果として外傷治療の施術も増加させていきます。

どんな患者層が来院しているか


足底筋膜炎 四十肩(凍結肩、石灰沈着性腱炎) ぎっくり腰 慢性腰痛 坐骨神経痛 橈側上顆炎 膝屈曲障害 有痛性外脛骨 オスグットシュラッター シンスプリント 野球肘 TFCC損傷 各種スポーツにおけるメンテナンス

2021年7月現在にこの記事を書いている時点でカルテを見直すと上記のような患者層でした。多い順ではありません(カルテを見た順です)。

ミッション

「お金」だけでなく「ありがとう」をいただく

一般的なお仕事ではお客さんがお金を払い、お店側が「ありがとうございます」といいます。
しかし我々の仕事は患者さんに「ありがとう」と言われながらお金をいただいております。
そんな仕事を誇りに思いながら仕事をしていきたいと思っています。

求める人物像

・治療による症状の改善を自分の喜びとできる人
・時間や約束を守ろうとする人

必要な技術経験

経験不問、柔道整復師免許

初心者、未経験者大歓迎です!

 誰でも最初は初心者ですし未経験者です。
 接骨院で働いたことはあっても院によってカラーはいろいろなので最初からなんでもできることはありませんよね。
ですのでいきなり新患を診ていただくようなことはありません。

 最初は比較的、症状の落ち着いている患者さんを中心に施術していただき、施術の技術や理論を理解し、経験を積んでいただきます。外傷の治療は随時、来院があるときに助手として入っていただく形です。

 服部は柔整師免許を取得してから整形外科で働き始めたわけですが、学生時代は経済的理由でまったく別分野のお仕事をしていました。
 だから働き始めたときは修業経験がなく本当に苦労しました。不安もたくさんありましたし、私の施術のせいで来なくなった患者さんもいました。
ですので不安な気持ちもよくわかりますよ!

ほねつぎとして外傷の経験をつめる環境です

 当院は開業してから外傷治療に力を入れていたので接骨院で診れる外傷処置のノウハウがあります。また実際に外傷の患者さんが来院されることが多い接骨院であると自負しております。
 外傷治療に欠かせない最新のエコー機器や、ほねつぎ伝統のテーピング・ギブス固定も学べるので柔道整復師として働きたい先生に向いた職場です。

実際の症例紹介①PIP関節の背側脱臼

 脱臼の施術はそこまで頻繁にはありませんが、2021年7月に来院されたのでご紹介します。
高校で部活のバスケットの試合中にボールが当たり第5指のPIP関節が背側脱臼されて来院しました。

 以前に第一足趾のMP関節脱臼が来院していた経験があるので、脱臼ということはすぐに判断がつきましたが骨折などがないかエコー観察で確認。(水色矢印がPIP関節、画面右に向かって中節骨が背側転位していることがわかります)。

整復を実施後、アルフェンスシーネで固定を行い翌日に整形外科の対診を受けてもらうことを保護者に説明しました。(その後、一週間だけ通院してもらいLIPUSを実施後、無事卒業)

エコー観察を使った筋膜リリースを学べる数少ない接骨院です

上記のように外傷の鑑別に力を発揮するエコーですが、当院では筋膜リリースにも使われています。

筋肉の表面にある筋膜が、異常をきたし、身体の動きに制限をもたらすことがあります。この制限があるまま生活することで、さまざまな痛みの原因となります。これらに対して筋膜を分離回復させるためのテクニックが筋膜リリースですが、この筋膜の異常個所をエコーで確認してから施術を行います。

筋膜の様子をエコーで確認してから施術を行っている接骨院は三重県内では他になく、当院に来られる患者さんたちにも絶大な支持を得ています。

実際の症例紹介②ぎっくり腰の筋膜リリース

筋肉の表面にある筋膜が、さまざまな原因できつく連結し、癒着を形成すると、周囲の組織と接続してしまいます。これが重いものをもったときなどに無理やり剥がされるのがぎっくり腰になります。
先日こられた患者さんはこの癒着が剥がされた場所がエコーで確認でき、この部位に対して施術が集中してできました。(ピンクの〇印が剥がされた筋膜の痕跡。画面右の施術後にはなくなっているのがわかります)

施術後、あまりの痛みの取れようにビックリされていたのは施術者としての快感以外なんでもありませんよね(笑)

いろは接骨院の今後のチャレンジ

これまで自分ひとりで何でもやってきて、気づくと周りには素晴らしい患者さんがあふれていました。
いろは接骨院を頼ってくださる患者さんで予約がいっぱいです。

しかしいっぱいすぎて、突然のケガによる問合せや急なぎっくり腰の施術希望をお断りしなくてはならないという申し訳ない状況です。

今後は当院の若手の先生がのびのびと成長してくださる職場を作って行きたいと考えています

まずは院内見学からでもOK

まずは実際にいろは接骨院の仕事の様子を見学にきませんか?
ムリな勧誘などは一切ありません。

お互いに仕事がうまくできそうならいろは接骨院で働くことも検討してみてください

まずはお気軽にご連絡ください


募集要項

会社名 いろは接骨院
職種 柔道整復師
仕事内容 <柔道整復師としての施術>
テーピング
ギブス固定
整復助手
筋膜リリース
エコー観察による患部の把握

<接骨院業務全般>
電話応対や受付、会計
レセプト10件ほど/月

<その他雑務>
掃除や洗濯、SNSによる情報の発信など



雇用形態 正社員
勤務先 三重県四日市市東坂部町2259-6 いろは接骨院
応募資格 経験不問、柔道整復師免許の取得者
給与 月給230,000円~258,000円
勤務時間 【平日】8:45〜12:00/14:45〜19:30
【土日】8:45〜14:00
残業 月20時間程度
休日休暇 火曜日/土日午後/祝日
年末年始6連休 ※2020年休暇実績
夏季休暇5連休 ※2020年、2021年休暇実績
GW休暇祝日休診
※2020年2021年特別休暇実績
待遇・福利厚生・賞与 業績連動型賞与 3.5か月分(正社員のみ/2年目より)
選考フロー 1)応募フォームより応募
2)Zoomでのリモート面接(希望者は院内見学もOK)
3)当院での対面面接
4)内定・採用

まずは、応募フォームより必要事項をご記入の上、ご連絡ください。
所在地 三重県四日市市東坂部町2259-6 いろは接骨院

企業風景

サンプル画像

<外部研修・セミナー費用 半額会社負担>
筋膜リリース、エコーセミナー、触察法セミナーなど、施術業務に関連する外部研修費用の半額を会社が負担します。
※事前の申請が必要です。

サンプル画像

<雇用・労災・年金・健康 社会険完備>
雇用保険・労災保険・年金保険*・健康保険* の四保険を完備しています。
※は法人化後に予定しています。

サンプル画像

<格安の社宅があります>
家賃2.5万円/月で借りれる社宅を用意しています。
<交通費1万円まで支給>
車通勤の場合、ガソリン代も法定福利費に沿って支給されます。
<制服貸与>
業務で使用する制服類はすべて貸し出します。